2009年12月17日

ストップ心の声

人前でスピーチをする時に、緊張しない人はいるでしょうか?
どんなに慣れている人でも多少の緊張はすると言います。
私も人前で数分のあいさつやスピーチをすると、
とんでもなく緊張して自分が何をしゃべろうとしたのか、
また、何をしゃべったのか分からないことが多々あります。

少し私事ですが、昔はよくどもることもあったし、
汗が出てきて、聞こえるくらい心拍が激しくなっていました。
耳まで赤くなるほど赤面しているのが自分で分かります。
最近慣れてきましたが、全く初めての方が大勢いる前では、
やっぱり手や声が震えることがあります。

さて、なぜこうなるのでしょうか?
多くの場合は、心の中で「自分が思っていること」ではなく、
「人からどう思われているか?」ということにフォーカスして、
本来の自分の実力が発揮できないことがあります。

個人的には、そのスピーチに対してどれだけ準備してきたか、
どれくらい練習してきたか、その量によって緊張の度合いも
随分軽減できると確信しております。

しかし、それでも本番の雰囲気に飲まれると、
それでさえ上手に表現できなくなったりします。
そんな時は、ネガティブな心の声に支配されている時だと、
多くの心理学者がおっしゃいます。

人は否定語を理解できないと言います。
「〇〇してはいけない」と思えば〇〇をしろという指示だと、
脳は認識するそうです。
ネガティブな感情が渦巻く時は、否定語をリピートするので、
望まない方向に心が引きずられます。

さて、止まらない心の独り言をどうやって止めましょうか?
簡単な方法を授けましょう。

それは舌を口から出して、
人差し指と親指で動かないようにつかむのです。


するとどうなるでしょうか?
さて、何か考えてみてください。
音楽くらいは頭の中で再現できても、思考は止まります。

そうです、舌を固定して動かないようにすると、
勝手に思考までストップしてしまうのです。

こうして一旦思考を止めておけば、ネガティブな循環も
ほとんどそこで止まってしまいます。

しかし、人前ではやりにくいですよね。
そこで、もうひとつとっておきの方法があります。
それは、前歯の裏あたりに舌をぎゅっと押しつけて、
動かないように固定してしまうのです。

緊張する一番の理由は、心が自分の内側に向いてしまうから
だと言われています。こうして少し外側に意識を向けると、
本来の自分の能力が出しやすいとされています。
posted by はりねずみ at 22:38| Comment(2) | セルフコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

やることがないって本当?

少し経営者としての話をさせていただきます。

何かお客様に喜んでもらおうとか、新しい事を始めたいとか

そんなことを考え出すと、付きまとうのがお金。


だけど、これだけ不況の折、お金がないから何もできないなんて

言ってられないですよね。

大手企業のように人、物、金、情報がなくても、

打つ手が全くないなんてことはないです。


確かにあと数時間でお金を作らないと倒産するとか、

そんな状態になってしまったらそれは手の打ちようがないです。

だけど、そんなことでなければ、「やった方がいいこと」は

いくらでも出てくるものです。


欲張って効果的にやろうとすれば、それは視野が狭まります。

だけど、お金をかけないのが条件ならば、


ひとりでやれて、


今すぐできて、


お金がかからない



そんなことから始めてみませんか?

やることがないという方がいるならば、多分そんなことを

ないがしろにしていると思いますよ。


例えば掃除、自社がキレイに整理整頓されているかどうかは、

経営者の好みの問題では絶対にありません。

掃除したからお金をがっぽり稼ぐわけじゃないけど、

やらなかったら大きなマイナスになってしまいます。


経営が傾き始めたら、ぜひやってみたらいいです。

今すぐできて、ひとりでできて、タダでできることを


ある会社の社長さんはそのテーマで考えたら100個以上あったと

いいます。

今その会社前年比で200%以上の急成長をしているそうです。

当たり前と思われている事を徹底して準備したら、

結果は出てくるということかもしれません。

特効薬を求める人にはあまり有効じゃないかもしれませんが、

徹底してそれをやる人にはきっと結果がでると思います。


やったら良さそうなことが見つかって、それがすぐにできそうなら、

少しはやる気が出ると思います。

それすらやる気がないなら、このブログの過去の記事を

少し見直してみてはいかがでしょうか?
posted by はりねずみ at 00:31| Comment(2) | 元気をくれた一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

眠れないほど腹が立ったら

眠れない夜。誰にでも一度は経験があると思います。
特に何かに対する怒りで眠れない場合は、どうしますか?
私自身、怒りで眠れない時の対処が苦手でした。

正論だけ言いますと、夜に考え事をしない方がいいです。
どうしてもろくなことを考えません。
ましてや、布団の中に入る時は電気を消して、
いつもより暗くしているなら、暗いことを考えてしまいます。

でも、実際に眠れないんだから考え事をしてしまいます。
特に怒りで頭に血が上っている時は、嫌なことを思い出します。
あいつがこんな事を言ったとか、こんなひどい目にあったとか、
思い出しむかつきをやっているのでなかなか収まりません!


治療家としての立場から言うと、お腹をゆたんぽのようなもので
温めてあげると良いと思います。
頭から血が下がって、怒りより眠さが勝ることがあります。

だけど、それでもうまくいかない場合は、
前回、前々回の記事が役に立ちます。
こちらを参考にされてください。

消したい過去とどう向き合う?

名前を書いたら


イメージの中で出来事を自分の望むように書き直したり、
怒りの対象になる人の名前を書いて踏みつけたりします。

面倒だけど、やっておいた方がよく眠れますよ。
ぶり返すなら、何度でもやってみましょう。
どうせ眠れないのなら、解消する方に向かう方が得策です。
posted by はりねずみ at 19:08| Comment(2) | はりねずみの戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

名前を書いたら

私の本業は治療家です。
その私の経験と学びからひとつのストレス解消手段
のようなものをお伝えしようと思います。

なぜハッキリ書かないかと言うと、
実はこれですべてのストレスを解消させようとするのは
不可能と言えるからなのです。
ただし、これをやってみると例えば腰痛が楽になる
なんてことは多々あります。

私が考え出した方法ではないですが、
実際にこれを治療の一環に取り入れている先生も
結構いるようです。


やり方はいたって簡単。
まず、あなたにかなり影響を与えている人の名前を
紙に書きます。テーブルナフキンでもいいですよ(笑)

紙に書く名前は、例えば上司でも、配偶者でも、
恋人でも問題はありません。
お勧めは、ムカついているんだけど関係が切れない人。

そんな人の名前を書いて、床に置きます。
それを床ごと踏み抜く勢いでその名前を踏みます!
何度も力強く、躊躇なく踏み抜いてください。

尊敬している人の名前であってもかまいません。
その人のことが嫌いかどうかなんて問いません。
全力でやることが大事ななのです。

たとえその時に「ムカつき感」が消えなくてもいいです。
何日か続けたり、一日に何度かやってもいいです。
どんどん踏みましょう。
場所が悪くて踏めない人は、破ったり燃やしたりしても
同じような効果があります。

複数の人にムカついたなら、全員分やってみてください。
これを全力でやっておくと、不思議なことに
その人と案外うまくやっていけます。

最近になって気が付くのは、尊敬している人の名前の方が、
この方法が効果的だということです。
名前を書く人に恨みはなくてもいいのです。

ムカつく相手に対しても、何か嫌な言葉を浴びせたり、
暴力を振るうよりはきっと楽になれますよ。




posted by はりねずみ at 16:19| Comment(2) | セルフコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

言い換えてみよう

リフレームという言葉があります。

もとの意味は「フレーム(枠組み)を変える」という意味でした。
それから発展して、「見方を変える」「物事のとらえかたを変える」
という意味合いで使われます。

リフレームの使い道は、ピンチやトラブルにあったときに、
文字通り見方を変えたり、物事のとらえかたを変えて
ポジティブな考え方に持っていくことです。

そのためには、まず今の現状を検証してみます。
もし、ネガティブな考え方のために、
自分の能力を発揮できないとしたら、
まず、今の自分の状態をしっかり認識します。

現実を直視します。そしてそれを肯定します。
起こったことは変えられません。
そして、今からできることに視点を向けるのです。

例えば、不利なことを一旦受け止めておいて、
「なるほど、今はこんなことで悩んでいる。
だけどこんな風に考えられないだろうか?

「Yes,but〜」というように最初からネガティブには見ないのです。
例えば困難で難しい仕事を頼まれたときなら

なるほどこの仕事は難易度が高いし厄介だ(Yesと受け止める)
しかし(but)
その高い仕事をこなすことで今後の自分のキャリア形成で
強力な武器となる経験をつませてもらういいチャンスだ。

というふうに考え自分自身の将来の糧とするのです。
では過去に起きた嫌なことはどうリフレームするのでしょうか?

この場合はまず嫌なことを十分思い出してみて、
それから、「確かにこの時はこんな事があって辛かった。」
としっかり受け止めてから。

まあ、そのお陰で

と続けてみるのです。すると、比較的簡単にポジティブになれます。
これは過去の記事にも書いたとおりですね。

ほかにも、できたことにフォーカスする手もあります。
「○○はうまくいかなかったけど、〜はうまくいった。
 次はこの〜を頑張ろう!」
というように、未来に向かって思考を向けることができます。

とはいえ、これらはよほど気に留めておかないと、
すぐにネガティブな気持ちになります。
理想は、このリフレームを習慣化してしまえばいいのですが、
これらの公式に当てはめるほど冷静でいられないことがあります。

だったら、せめてネガティブなワードを言い換えましょう。
そうするとたったそれだけで全体的な見方が変わることがあります。

一例をあげると、
辛い → 試練だ!
ひどい、悪い、ダメ → いっぱいいっぱいな
しなくてはならない → 〜することにする

と言い換えてみてはいかがでしょうか?
こうすると、「ダメな私」と自分を責める言い方が、
「いっぱいいっぱいな私」となって、少し自分を許せます。
「辛い」と思っていることが「試練」だとわかったら、
それを乗り越えたら、良いことが自分に寄ってくると思えます。

今、書いている私も気が付きました。
やるべきことはたくさんあるけれど、それだけチャンスを多く
つかんでいる証拠なんだと。万策尽きた人に比べてどれだけ幸せか、
それが少しわかったような気がします。

水を差すようですが、現実を見ない、受け止めないプラス思考は
決してポジティブだとは私は思いません。
現実を受け止めるからこそ、できたことと今からやれることに
目を向けて、未来志向にシフトできるのだと思います。

我が師いわく、
すべての体験は成功体験と学習体験に分けられる。
そう考えると、失敗体験というものは存在しない。
posted by はりねずみ at 23:26| Comment(0) | はりねずみの戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

消したい過去とどう向き合う?

我々は過去にあった『同じ嫌な出来事』を
何度も思い出すのでしょうか?

それは、その時に「本当はこうしかった」とか
「こうなりたかった」という未遂の想いを、
ずっと引きずっているからです。

今回紹介するのことは、その未遂の想いを自分の中で
上手に処理してしまうという方法です。
どう処理するかと言うと、自分のもっているイメージを
書き替えてしまうのです。

未遂のイメージを書き替えることで、後悔の念が消えて、
もっと前向きになることができます。

どうしてそんなことができるのでしょうか?

なぜなら、潜在意識には時間の概念が

ないからです。

過去も現在も未来もないということです。


だとすると、イメージの中では過去を書き替えることは
決して難しくないのです。


では早速その方法を伝えましょう。

後悔している嫌な過去を書き換える

@頭上のスクリーンに、

 過去の嫌な出来事を上映する


これはまさに上映。イメージでは視角的に弱いのです。
ここに、今でも何度も思い出してしまうような嫌な思い出を
映し出してみます。
この時のコツは、客観的に自分を主人公にしたものを
上映して、自分が観客となって観ます。

その時のあなたは、何歳くらいですか?どこにいますか?
どんなことをしていますか?何が起こっていますか?
あなたの他に誰がいますか?

A過去の映像を巻き戻しする

思い出した映像を、再生しながら巻き戻すようにします。
当然不自然な動きをしますし、音声もキュルキュル言って、
どんなことを言っているのか分かりません!

B望むとおりの映像で再生する

巻き戻したら、『本当はこうだったらよかったのになあ』と
思う映像に作り替えて、再度上映しましょう。
本当はどうしたかったのでしょうか?
どんな風にしてほしかったのですか?

映像は大きなスクリーンで、納得いくまで何度も再生します。
BGMを変えても構いません。
とにかく、明るく、鮮やかに、頭いっぱいに
大きく広げて観賞します。


Cその当事者として、映像に入り込む

たっぷり望んだとおりの画像に書き替えたら、
今度は映像の中に入り込んで、しっかり体験してください。
何をみて、何を聞いて、何を感じましたか?
匂いは?そして気分はどうでしかた?
このイメージで感動の涙を流せたら最高ですね。

D最後に、最初に思い描いた嫌なイメージを
 
 思い描いてみてください。


この時に、近い将来に同じようなことが起こると想定して、
その出来事に対して、どう考えていますか?
どのように考え方が変わりましたか?確認しましょう。



このテクニックを使用するに当たって凄く大切なことがあります。
それはあくまで自分自身が成長するようにイメージを
書き換える必要があります。

失敗をしないことにするよりは、失敗はするけどそれを
上手に切り抜ける方がずっと成長する訳です。
○迷ってやりたくない方法をして失敗したのなら、本当に
 やりたかった方法で成功するイメージを
○どのみち失敗するシーンだったら挽回したイメージを
上映するようにしてください。


その他に大事な注意点を挙げてみます。

一回嫌な出来事を直視したあと、

巻き戻してください。

この手順を省略しないようにしましょう。


思い出すだけで、呼吸困難になるようでは無理ですが、
一回嫌な出来事を味わってください。
それから巻き戻さないと上書きができないということです。

嫌な出来事を思い出すたびに

この方法を使います。


この方法で得られる効果として、嫌なことを思い出しても
気にならなくなることがあげられます。

ちゃんと消化して、気にならなくなったら、
「また同じことが起こったらどうしようか?」
と思わなくなりますし、成功するシュミレーションができれば、
例え同じようなことが起こっても乗り切りやすくなります。

決して、妄想や現実逃避というような後ろ向きの方法ではなく、
反省の意味も十分にこめられた不思議な方法だと思います。


この方法の出所、出典はこれです。


癒されながら夢が叶う! 問題解決セラピー

posted by はりねずみ at 20:03| Comment(2) | セルフコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

目標をどやって立てるか

古今東西を問わず、夢や目標を持つことがパワーになることを多くの成功者が説いてきました。
多分、それはその通りなのでしょう。
何かに集中した時に、脳は力を発揮することも知られています。

これを書いている私も、目を見張る成功はしていません。
成功ということを語るには、ちょっと荷が重いです。
しかし、とにかく出来ることをやろうというのが、このブログの種子でもあります。

というわけで今回はあまり難しい話をするつもりはありません。
だけど、持っておいた方がいい考えを提案します。

目標というものを立てるなら、


どんな風に達成されるか?


よりも


どんな風に設定されるか?


ということが大事



だという話です。

目標を立てたとして、途中で情熱が無くなりそうなったり、
簡単すぎて緊張感がなくなりそうだったり、
どんなに頑張っても達成できなさそうだったり、
わくわく感が途中でなくなりそうだったりすることがあります。

そんな予感がするとやる気はなくなってきます。

そこで、同じ目標に幅を持たせる意味で、
A.トントン拍子で物事が進んだら、達成できそうな目標。
B.ちょっと背伸びをすれば達成できそうな目標。
C.最悪でも到達したい目標

特に最後のCの目標が今後の行動を決定づけます。
たとえ崩れても、最低限死守する。
これが自分の自尊心を守るための目標でもあります。

自尊心を失ったら先には進めなくなるから。


目標を立てるならA,B,Cと三つの目標を立てましょう。
posted by はりねずみ at 16:32| Comment(4) | モチベーションアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

許せない奴は許さなくていい

これは私の尊敬するセラピスト、矢野惣一さんの著書から

抜粋して書かせていただきます。


私自身、この考え方を身につけてかなり楽になりました。

矢野先生の本には、「他人をも変える方法」と書いていて、

なるほどそれくらいの効果があると言えます。


個人的には直接他人を変えることは難しいと思っています。

代わりに、自分が変わった結果、他人が変わるという考えは、

結構好きです。


そして、受け入れられないものを無理に受け入れるでなく、

上手に意識から切り離せたらいいなと思います。



さて、本題に入りましょうか。

思い出すだけでムカつく人っていませんか?

思い出すと恐怖心やみじめな気持ちが湧いてきたり、

深い悲しみが出てくる人と言い換えてもいいです。


そんな人との関係(必要がなくなった人間関係)が切れない限り、

新しい人間関係ができないと矢野先生は説いています。


やってみましょう。



1.嫌な相手をイメージの中で

 人形にして、箱に詰める。


2.箱に蓋をして、ダイナマイトで

 箱ごと吹き飛ばしてしまう。


3.爆発の時に出た黒い煙に

 向かって、「あの人(ムカつく人)

 の所へ帰りなさい!」


4.黒い煙が去った後には

 キラキラした光の粒子が残ります。

 その粒子をあなたの頭のてっぺん

 に換気扇があるようなイメージで

 体の中に吸い込みます。




どうでしょうか、非常に簡単なイメージですね。

このブログで過去に書いてきたことにも、

見事にリンクしている様に思いました。


これをやった人の中でも、2週間続けた結果、

急に上司が優しくなったケースなどが

あるということでした。

私はこれを自分の身近な人を対象に実行することがあります。

恨みつらみはなくても、定期的にやっておくことで、

より関係がうまくいくように思います。



これらのワークをもっと詳しく知りたい方は、

矢野惣一先生の問題解決セラピーを是非読まれてください。

非常に分かりやすいし、楽になれますよ。



posted by はりねずみ at 14:51| Comment(6) | セルフコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

自分を褒めていますか?


最近誰かに褒められた内容を覚えていますか?

これをすぐに思い出せる人はしあわせですね。

でも、本当に頑張っているのに褒めてもらっていない人も

沢山いるような気がします。


やって当たり前だと思われている立場の人は、

文句は言われても、褒められたり、感謝の言葉をかけられる

という機会は少ないのかもしれません。


本当はその周りにいる人が、そんな言葉をかけてあげる機会を

もっと持つべきなのでしょう。

しかし、自分から周りの人に強要して言わせても喜びを

得ることはできないですよね。


だったら、せめて自分だけでも自分のことを認めましょう。

そして、それ以外にも自分を癒やすことを覚えましょう。

これは変な意味ではありません。


自分の心に栄養を与えることを、

誰かの手を借りずに、『自分で』少しずつ実践していく

そんな試みです。


もし、これをやったら無条件に心地よくなるものがあれば、

それをやったらいいです。主に趣味ということになるのでしょう。

実際には、なかなかそんなものはないかも知れません。

こんなことをしている自分はリラックスしているとか、

こういう時はよく笑っているとか、そんな自分の行動を分析します。


しかし、それをやっているときはいいけど、その後が空しくなる

そんな事は絶対に避けましょう。


そして自分ひとりでもやれることを探します。

中には今すぐできることもあれば、

少々頑張ればできることまであります。


それを10個書きだして、毎日どれか一つをやりましょう。

そしてそれを1か月続けましょう。


良く分からないかもしれませんので、

ちょっと一例をあげてみます。


○自宅のお風呂にバラの花びらを浮かべてみる

○演奏会に出かけてみる

○日帰り温泉にいってみる

○自分にご褒美ということで花束を買ってみる

○合間の時間にお気に入りの紅茶などをいれて、お気に入りのCDを
 流して、演奏が1枚分終わるまでボーとしてみる

○近くにある一流ホテルにモーニングコーヒーを飲みに行ってみる


などはいかがでしょうか?


私の場合なら

○岩盤浴に出かける

○読みたい本をもって、ファミレスで飲み食いしながら読書

○ひとりで映画を観に行く

○徹底的にバカをやってくれる映画をレンタルで借りて見る

○近くの海に車で行って、ぼーと海を眺める

○息が切れるまでシャドーボクシング


などがあります。

以前はゲームや麻雀などをやっていたのですが、

ゲームは終わったら空しくなるし、麻雀はやっている最中には

『くそっ』などと文句を言っていることが分かって辞めました。

それでも時々はやりますが、ストレスがたまった時にはやりません。



自分でうまく見つけられない人は、人に聞いてみるのもありです。

ただし、聞いたからには一回はやってみましょう。

やる前から避けていては、なかなか自分をよろこばせることを

みつけることは難しくなります。
posted by はりねずみ at 18:31| Comment(2) | モチベーションアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

ここまでの記事の中で一番は?


このブログは全部で57記事。

すぐに役に立つものをチョイスして、自分なりに試してきたことを

交えながらも、元になる情報を大切にして来ました。


途中2回だけ、そういう記事ではないものを書きましたが、

十分本にしても恥ずかしくない内容だと自負しております。

ただ、文章力はイマイチですよ(笑)


さて、数ある記事の中でも一番重要だと思っている記事があります。

初めてこのブログを見られた方にも、ぜひ見ていただきたい内容。

それは、この記事。

本当はこれが書きたかった


もしも、あなたが何らかの理由で正気が保てなくなったとしたら、

それは何か悪い感情のせいかもしれません。

少しだけ現実逃避した言い方をすると、あなたを駆り立てている

悪い感情であって、あなたのせいではないということ。


もちろん、行動の責任は根本的には全て本人の責任といえます。

だけど、内部で感情の誤作動のようなことが起こっている。と、

考えた方が立ち直りやすいケースもあります。


じゃあ、あなたの行動や思考に悪い影響を与える感情だけを

切り離した方が立ち直りやすいという考え方もできます。


カウンセラーの先生の言葉の使い方として、

「何があなたをそうさせるんですか?」

という言い方があるそうです。


見方を変えると、感情があなたを動かしている。

今の悪い状態のあなたも感情のせいだと考えられる。

じゃあ、その根本にある感情を消すことができたら、

普段の問題ない自分に戻れるということです。


そんな都合のいい方法が、紹介した記事に載っています。

この記事を書いてから丁度1年が経ちます。


当時のどん底の状態から立ち直るには、このスキルが必要でした。

この方法に上手い下手はありません。

ただし、回数をこなして、自信をつけられた方がいいでしょう。

そのためにも自分の癖にすることが一番重要です。

嫌な事が起こったら、嫌な感情が湧いたならすぐにやる。


大きくなる前にやってしまう方がいいでしょう。


それでも時には「浸りたい」場合もあると思うので、

そんな時はすぐに感情を消そうとするのではなくて、

「今の私は悲しいんだ」とか「今の私は嫉妬している」とか

自分の感情をすっぽり認めてやると少し楽になります。


これを『悲しんではいけない』とか『嫉妬してはいけない』と

自分に禁止をしてしまうと、その感情が大きくなってしまいます。

もうひとつ副作用として、自分に何らかの禁止をしている時に、

周りにいる人がお構いなしにふるまっていると、

非常にムカついてくるわけです。


例えば、禁煙している時に周りでタバコを吸われると腹が立つのに

少し似ています。

もちろん、禁煙が当たり前になって習慣として根付いてしまえば、

影響されなくなるケースもあります。


感情を上手に処理出来たなら、ほとんどのケースで立ち直りの

エキスパートになれると思います。

ただし、うつ病の人には万能薬にはならないケースがあります。

このケースでは専門医に適切な診断を受けましょう。
posted by はりねずみ at 19:42| Comment(2) | セルフコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。