2011年02月28日

エネルギーが満ち溢れた状態をつくる食事法 前編

あなたはモチベーションと食事の仕方が
密接に関係していることを御存じですか?

何となくはわかるかも知れませんが、
どんな食事の仕方が良いは説明しにくいと思います。

これを知らないと、せっかく食事で栄養摂取をしても、
体に害を及ぼしてしまって、仕事や勉強に集中できず、
無駄な時間をつくってしまう事があります。

たとえば、単純に食べ過ぎると、
食後は腹が膨れすぎて、動きたくなくなりますので、
効率の良い時間はつくれなくなります。

逆にこの食事の仕方を覚えると、
今よりも効率の良い時間が作り出せるようになり、
集中していられる時間が今の何倍も増えます。

そして、あなたはスーパーサイヤ人のように、
(知らない人ごめんなさい)
全身にオーラが出るほどパワーアップして、
残業なんかしなくても、仕事をどんどん
こなせるようになっていきます。

パワーアップまちがいなしの食事法を
これからあなたに説明します。

まず、一日の水の摂取量をアップすることで
あなたのパワーを高めて頂きます。

男性であれば、本当にこれだけで精力がついて、
性的な自信をつけることができます。

女性でもこれをやるだけで、確実に肌がきれいなり、
若々しさを保てるようになります。

よく「健康のために1日に2リットル以上飲みましょう」
と言われますが、あれは嘘じゃないです。

でも、まじめにやれば相当辛いと思います。

何故かと言うと、いつも腹がたっぷんたっぷんに
なってしまうからです。

そこで、水を飲むタイミングを考えていきましょう。

まず、一日の中で一番水分が少なくなっているのは、
朝なので、朝起きたらまず500mlの水を飲みます。

朝は人の体は排せつを中心にエネルギーが使われます。
そこで、全然水分がなかったら、一日のスイッチが
入りにくくなってしまい、効率が落ちてしまいます。

寝ている間にも相当水分が奪われていますから、
朝水分を摂取するのは本当に大切なのです。

じゃあ、水分だったら何でもいいのかというと、
それは違います。

たとえば、リラックスするためにコーヒーを
飲むのはいいのですが、喉が渇いたから飲もう
と言うのはやめたほうがいいです。

利尿作用がありますから、すぐに排出されて、
余計に水分を失ってしまいます。
これはビールであっても同じことが言えます。

水は栄養ドリンクのつもりで飲むと良いです。
常に水分を蓄えておく方が良いです。

なので、疲れたら水を飲むと言う感覚で、
どんどん飲んでいけばいいのです。

もし、仕事の関係などでどうしても無理なら、
3回に分けて500ml飲めばいいです。
これなら1.5リットルは飲むことになります。

一番分かりやすいのは、毎食前に飲むというものです。

これだと、食事量も無駄に増えなくていいので、
食べ過ぎを予防することができます。

そこで、いつも500mlのペットボトルを
用意しておき、食事前に飲みほして、
飲み終わったら、ボトルに水を補充しておきます。

ひとつ注意があるとしたら、あまり冷たい温度で
飲むのではなく、常温のものを飲むか、
口の中で少しずつ温めながら飲むことをお勧めします。

まずは三日坊主でいいので、朝500mlの水を
飲むことをやってみてください。

ちなみに2週間続けることができたら、
確実にあなたの皮膚の感じが変わってきます。

トイレは近くなると思いますが、それは
体から毒素が排出されている証拠です。

例えば、墨汁が入ったコップに水を入れ続けたら、
最後は透き通った水になるように、
人間の体も水を入れ続けることで浄化されます。

そうしたら、今よりももっと頑張れる体に
なっていきますので、できれば続けて下さい。


posted by はりねずみ at 01:49| Comment(0) | はりねずみのおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

勘違いでいい!できる理由だけ並べろ!

この記事は私の偏見見たいなものもたくさん含まれています。

ただ、うまくいっている人がこんな方法をとっていたので

私の考えも含めて書いてみます。


私は数多くの業界のことを知っているわけではありません。

ただ、はっきり言える『真理』みたいなものや、

持論というものはいくつかあります。


たとえば、


トップクラスのセールスマンは


売れる理由を探すのが得意。


売れないセールスマンは


売れない理由を探すのが得意。




というものがあります。

私は正直、販売の世界は良く分かりませんが、

これを相手に勧めたら『迷惑』だろうなと

思って販売すれば、その時点でうまくいかないと思う。


これが逆に『売れる理由』を考えられるなら、

それも複数考えられるなら、

営業の考え方も、営業する場所も、手法も、客層までも、

それ相応に幅が出てくるでしょう。

そして売れるチャンスが勝手に広がります。



個人的な考えをもう少し言わせていただくと、

自分の持っている商品や情報あるいは技術が、

『どうやったらこの人の役に立つか?』とか

『そのために私はどんな努力をしようか?』とか

考える人、いや、考えきれる人が実績と信頼を残すものだと

私は思う訳です。

(そもそも、営業をやったことのない私が営業について

語ること自体がすでに筋違いかもしれませんな。)



これで話が終わるなら、このブログの存在価値はないです。





販売のことを例に挙げたからたまたまこんな話になりました。

そして、私なりに勝手な想像をして書いたわけです。


ところが、

もう少し違う枠で考えたら少し分かりやすくなると思います。


簡単に言うと、

何か目標を達成したいなら、

目標を『達成できると思う理由』が

多ければ多いほど、

『なんだ楽勝じゃないか!』と

思うんじゃないですか?



これは凄く当然なこと。


ところが、目標を立てて、いざ始めてみて、

何かうまくいかない事が出て来たときには、

達成できない理由をフォーカスしてしまうことがあります。

そうすると目標を立てる時に思いついた『達成できる理由』を

ついつい、忘れてしまうこともあるでしょう。




さて、少し脇道に逸れると、

『達成できる理由』と『達成できない理由』の

どちらにフォーカスした方がモチベーションって上がりますか?

もちろん前者であることは言うまでもないです。


誤解のないように付け加えますと、

できない理由を無視するとは言ってません。

あとで触れますが、それも使える材料になります。


ただし、ちょっと弱気になった時は

達成できると思った理由を思い出せないものです。

つまり忘れてしまう傾向があるのです。


では、どうしたらいいでしょうか?


じゃあ『達成できると思った理由』を書いておきましょう。

それがどんな小さなことでもいいのです。


例えば、『最近ちゃんと早起きできるようになった。』

『同じような目標でうまく行った人がいる。』

などでもいいと思います。


関係ないじゃん!って思いますか?


そうですね、これは直接的には、ほとんど関係ないことです。

ただし、早起き出来る分だけ30分でも何かに打ち込んだら、

どんな目標でも達成率が上がることは確かです。


また、うまくやってのけた人がいるなら、

その人に教えを乞う手もありますし、有名な人なら本を

書いているかもしれませんよ。


さて、こう考えられたらしめたものです。

この二つだけで、「やらないよりやった方がよさそうな事」が

急に増えて来たんじゃないですか?


もう少し具体化しましょうか。

◇同じような目標を達成している上司や知人を探す。

あまり難しくないかもしれませんね。

◇その道の第一人者と呼ばれる人の本を探して読む。

本屋に行くか、ネットで検索すればできるかもしれません。

◇朝30分早く出勤して、勉強などできることをやる。

これに限って言えば、やや難しいかもしれませんが、

成功者のほとんどが似たようなことを言っています。


などなど、他にももっと考えつかもしれません。



思いついたらさらにそれを書いておく、

そしてその「全て」を実行してみたら何とかなることも

結構多くなってきます。

何かに行き詰った時に、もう一度できることがないかどうかを、

『達成できると思った理由』を手掛かりに探すのです。



そう、こうやってやらないよりはやった方がいい事

を探して少し成功率を上げることができます。

もしかしたら、もっといい『達成できる理由』

に出会えるかもしれませんよ。



もしも、これとは全く逆に『達成できないと思った理由』に

集中すると、『達成しなくてもいい』という思考になりがちです。

なぜなら、どうせやってもうまくいかない

と考えるようになるからです。

もちろん、そんな考えてうまくいくことは少ないです。



そして、達成できない理由を言うのがうまくなると、

周囲の人からすれば、その理由はただの言い訳

にしか聞こえなくなります。



これってまずくないですか?



例え頑張っていても、できない理由ばかり言うから、

その人にものを頼まなくなりますし、

その影響で、あまり周囲の人が協力してくれなくなりますよ。

だってそうでしょ?

言い訳がちな人にどうしても協力したい人はいますか?


じゃあ、代わりに『相談』をしましょうよ。

まず自分の力や考えの中では解決できそうにないということを

言った上で、アドバイスをもらいましょう。


ただひとつだけ条件を加えるなら、やってみるつもりで聞きます。

ここでさらに「達成できない理由」をどんどん話すと

ここでも協力者を失うことになるかもしれませんから。



達成できない理由を上手に解消すると、それはたちまち

達成できる理由になっちゃう訳です。

達成できない理由を『言い訳』に使うのではなく、

積極的に問題解決のためのプロセスにする方が前進し易いですね。



どうしても問題が解決できないなら、

〇他の解決手段を使ってみる

〇誰かに知恵や力を借りる

〇目標としていたことではなく、目標に近いものを目指す。


この辺りはどうしても解決思考で綺麗事に近いけど、

私が思いつくのはこんなところです。



そんな力や情熱がないというなら、

まずは心の力をマイナスな状態からゼロの状態まで

リセットしてみて、それからトライしてもいいと思います。

その方法はこのブログにたくさん書いてきました。



ただ今回おすすめしたいことは、

一枚の紙の一番上に、

自分の目標を書いてみて、

その下にたくさん「達成できる!」

と思った理由を

勘違いでいいのでたくさん書く!

それを事あるごとに見直してみる。


ということです。



私は立ち直れないくらい落ち込んだ時に、

これを3週間続けました。

すると、自分でどうにもならなかった問題まで

勝手に片付いて行ったのです。



『できない』からは何も生まれない。


『やる』というスタンスから


全てが始まる。




某マンガのキャラの言葉です(笑)
posted by はりねずみ at 16:09| Comment(4) | TrackBack(0) | はりねずみのおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

効き脳検査って知ってますか?

ちょうど、去年の今頃自分が何に向いているかを知りたい

と強く思っていました。

私は昔は学校の先生になりたかった。

特に心理学を専攻して、教育心理を勉強したい

と思った時期もあります。

訳も分からず就職した税理士事務所の仕事が本当は天職なのでは?

と思った時期もあります。


今では治療家という仕事が天職だと信じて疑いませんが、

それまでは何が自分に合っているか迷っていた時期もありました。

去年の今頃に、私の手で治療家向けの勉強会をやりたいと

思い立ったことがきっかけで、

自分が教えることが本当に向いているのかも知りたくなりました。


丁度そんな時に出会ったのが効き脳検査でした。


この検査には1回2万円ほどかかります。

だけど、利き脳は3歳くらいに形成されてから、

一生変わらないと言われています。

つまり一生に一度検査したらよいのです。

しかも、検査結果の説明は何度でも聞く事ができます。



検査の仕方は、非常に簡単でした。

指に端子をつけて約10分くらいテープのガイダンスに従うだけ。

例えば、額に集中するとか側頭部に集中するという程度。


次に質問に対して、イエス、ノー、どちらでもないとひたすら返事していく

心理的テスト。これはその日の気分によって変わるので、

検査にはほどんど影響はないのですが、

実際の自分と自己評価を比べた時のギャップが

検査後にわかることになります。

検査は一度に8人までできるらしく、知らない人も一緒に検査

を受けていました。

ちなみにこの機械は一台数千万円するとかで

日本には片手で数えられるくらいしか入ってきてないです。



福岡で受けたら、結果が出るのに1週間ほどかかりますが、

東京で受けたら、結果は即日分かるそうです。

私の場合は1週間ほどして、検査結果と説明を受けることになりました。



効き脳は全部で11個のエリアに分かれていて、

それぞれの脳の特徴、考え方のパターン、付き合い方など

を教えてくれます。

私の場合は、姉やおかんと一緒に受けたことで

上手な付き合い方がわかりました。


たとえば、おかんの場合は一度に多くのことが集中できないタイプ

だけど、長期視点でもの事を考えているから、

訳の分からないことをやったとしても、

本人に聞いたらちゃんと意味を持ってやっているから

行動の理由を聞いてあげたらいい。

とか、同じことをやっていても飽きないのは、

物事を深く掘り下げてみれるから。

とか、この人と話をする時は刺激が少ない静かな場所を

選んだら本人は理解しやすい。

などと理論付きで解説してもらえます。



また、脳の性質を14個の項目に分けて結果を教えてもらえます。

例えば、楽観度とか指導力とか企画力などを

機械がはじき出してくれます。

それに対して、心理テストの結果を照合して、


実際の自分の能力 と 自己評価のギャップを知ることができます。


たとえば、「私は行動力がない」と思っている人でも、

実際には行動力があって、ガンガン自分から行動するようになると

もっとうまくやれるという予測がここで立てられるわけです。



また、こんな方面の仕事が向いているとか、逆に向いてない仕事も

検査からわかります。


自分に向いていることに力を注げば、そうでないところより圧倒的に

成長が速くなります。

効き脳を知れば、もしかしたらもっと人生が楽しくなるかもしれません?



余談ですが、この効き脳検査を教えてくれた人の娘さんが芸能人志望でした。

しかし、娘が芸能人になるというのに反対して、

「鏡を見なさい!あなたがどうやって芸能人になるっていうの?」

と抑えつけてきたそうです。


それでも、娘さんはこっそりオーディションを受けたりしていたそうです。

どうしても芸能界をあきらめずいたのですが、その内意地になってやめさせました。


そんな娘さんにもこの効き脳検査を受けさせてみたらしいのです。

するととんでもない事がわかりました。


「この人は7万人に1人の


超芸能人脳です。


これならハリウッドでも通用します。」



この驚愕の結果を受けて、お母さんは土下座して謝ったと言います。

その後、娘さんは芸能界に入ることはなかったものの、

これをきっかけにお母さんとはうまくやっているようです。



ちなみに私はどうだったかというと、

右脳と左脳の両効き型で、どちらかというと左脳寄りの脳。

教育、情報収集、技術系、人事に向いているらしいです。


自己評価が圧倒的に低く、本来は楽観的、ポジティブ、言語化が得意

知識より体感で習得するのが得意、企画発明はちょっと苦手、

人を幸せにする仕事で力を発揮するそうです。

どうやら今やっていることはやっぱり向いているようですね。



皆さんも、家族や仕事のパートナーの方などと一緒に

受けてみてはいかがでしょうか?

まわし者のようですが、私は紹介しても一銭も手に入りません。

だけど、これだけのことが分かるなら、2万円は絶対安いです。


余談ですが10人を越えたら出張してくれるそうです。
posted by はりねずみ at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | はりねずみのおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

思いがけない喜び

思いがけないことをするのは、人を喜ばせるとっておきの手段。

そして、自分も喜ぶことができることでもある。

「楽しい悪巧み」は考えているだけで愉快になり元気が出てきます。

何日も前から喜ばせるために、「こうやればうまくいくかも!」

などと考えていると、時々隠しようのない喜びがあふれ出てきて、

自然に顔がニヤニヤしてくるから困ります。


もともと無愛想な夫が誕生日に綺麗な花束を買って帰って、

「今まで苦労かけたね。いつもありがとう!」なんて言ったら?

10代の頃から言うことを聞かないような息子が二十歳の誕生日に

「オヤジ、一杯やりにいこうか」なんて言ったら?


とにもかくにも、こんなことをやったら相手がどんな反応をするのか

思い描いてみると、わくわくして夜も眠れなかったりします。

そんな悪巧みを考えることができるのも、あなたにとって

「特別な人」だからじゃないですか?

誰だってどうでもいい人にそこまでエネルギーは使えないものです。



家族、恋人、夫婦、友人などはかけがえのない人たちです。

だけど、人はいつか飽きたり、マンネリ化してしまって、

特別な人のはずが、だんだんその辺にいるどうでもいい人に

思えるようになってきたりします。



もちろん、こんな思いは不義理ということになります。

しかし、人はしあわせになるとつい不義理をしてしまうものです。

それは良くないことだし、マンネリ化させるのはもったいないことです。


でも、そんな人達にこそ「悪巧み」をしましょう!


時には柄にもないことをしましょう。柄にもないからこそ効き目は

抜群なのです。驚いた顔や第一声を考えたら自分が楽しめます。

人を喜ばせるのに何かを企むと、わくわくして自らも活性化します。


もちろん、これからもよろしくというひと事を付け加えておきましょう。


特に自営業をしている人は、家族がないがしろになることが

多々あることだと思います。


顧客はいつかいなくなります。


家族はずっと一緒にいます。


あなたはどちらを大切にしますか?



posted by はりねずみ at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | はりねずみのおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

行動の軸と人生の軸を合わせよう

これも共感してもらいたいなんて思いません。

だけど、自分が最高に共感できた考え方を紹介しましょう。


私たちは何かに迷った時に、どうしても欲しくなるものがあります。

それは言うまでもなく、『決め手』というものです。

人は迷うとき、AでもBでもいいけど、どちらがいいだろうか?


こんな感じて迷うのだと思います。

悩み≒迷いと言えなくない時も多々あります。


どうして悩むのでしょうか?

確かに決め手がないというのはありますが、

失敗したくないから、より失敗しない可能性が高い確率を選びたいのです。


もちろん、それはもの凄く重要な要素です。

特に経営者のような責任ある立場なら、一番リスクが低い方法を選ぶのが当然でしょう。

でも多くの人は会社の社長よりも責任やリスクが小さい状態で悩むわけです。

社長ほどでなくても、本人にとって重大な選択ならじっくり考えるべきでしょう。それでもやはり決め手が要ります。


とすると、決め手がいつもある状態ならば、あまり迷わないということになります。

じゃあ、思い切って自分の軸を決めておくと、瞬発力が身につくと思います。


これから一年間、あなたは何のために生きていきますか?

もしいつも笑顔でいることを目標にしたら、笑顔でいられない時には

どうするか考えてみて下さい。

また、どうしたらいつも笑顔でいられるかを考えてみて下さい。


それらの質問に十分に答えられるなら、それを自分の軸にするといいでしょう。


その軸が決まったなら、極端にその目標に沿った行動をしましょう。

例えば、『いつも笑顔でいる』ためにご飯を食べよう!

『いつも笑顔でいる』ためにこの服を買おう!


というようにやれば、迷うことはなくなります。

もちろんそんな目標を見つけることの方が難しいのですが、

立派なことや大きなことをやる目標にする必要はありません。


それがどうしても難しい場合は、

ひとつだけ知っておいた方がいいことがあると思います。


それは


経験は成功体験と失敗体験に分かれるのではない

成功体験と『学習体験』に分けられるだけ



失敗しても、自分の目指すところに向かっていれば、

そこまで落ち込む必要はなくなります。

もちろん失敗したと思ったら、その都度修正していけばいいのです。


トライしなかったらその失敗にあたる学習体験すらできません。



posted by はりねずみ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | はりねずみのおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

間に合い続けなさい

これは私の高校時代の空手の師範が教えてくれた言葉です。


間に合い続けなさい、そうしたら勝負所でも間に合う



人は間の中に生きているということです。

人間と言う字も人の間と書きます。

武道で言う『間合い』 これだって間に合うと書きます。


武道では、あるいは格闘技では、間合いが悪いと、どんな技でも最大の効果を引き出すことはできません。
相手との距離や相手が何を考え、何を仕掛けようとしているのか、
自分はどんな状態にあるのか?


これはまさしく間のなせる業

何気に間という言葉は大切なんだなと気づかされます。


高校時代の私のはよく分からなかった一言でもあります。



今の私に少し分かるようになったことは、人は準備を怠る傾向にあるということ。


本番は必死で頑張るけど、準備は適当にやっている人が多いということ。もちろん自分も含めてです。

必死で準備をする姿勢があるからこそ間に合う。


間に合うことが当たり前になっている人間はいわゆる『KY』
にはならないし、なれない。


根拠はないけれど、日ごろ間に合う癖が付いている人

言いかえれば準備が十分にできている人は、致命傷を負うミスはあまりしないと思う。


天運もそんな人の味方をすると思います。


書きながら私は思いつきました。

それは今の私と私が立てた目標との間。
これを知り、これを埋めようと思う時に自然とモチベーションも上がってくるものだと思います。


間に合い続けなさい、そうしたら勝負所でも間に合う


何度聞いてもいい言葉だと思います。

posted by はりねずみ at 00:31| Comment(2) | TrackBack(0) | はりねずみのおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

単調な音や刺激が、高ぶった神経を鎮める

夜に布団の中でよく眠れない人でも、電車の中ではよく眠れたという経験はありませんか?

普通に考えたら、夜の布団の中と比べると睡眠には不利なものが多いはずですよね。

〇明るい
〇騒音があってうるさい
〇眠るにしては楽な姿勢ではない
〇トイレのそばなどは臭いもする

でも実は人間の神経を鎮めるのに格好の材料がひとつある!

それは

単調な刺激の繰り返し

である!


そう、かすかな音、振動この繰り返しは非常に単調です。



泣いている赤子をあやす時に、少し振り子の動きでゆすって

一定リズムで優しく背中をたたいたりします。


絶対音感を持っているような音に敏感すぎる人を除けば、

時計の秒針の音や静かで単調な曲を聞く事で神経を鎮めることができます。


子育て中のお母さんなどは、子供を泣きやませるのは得意でも

自分がヒステリックになった時の対処法を意外と知らないのです。

答えは自分がやっていることにあったなんて気がついたら、

目からウロコじゃないでしょうか?


落ち着いた気持ちになれば、後はやる気を燃焼させる準備をするだけです。

面倒くさいですか?

でも、面倒くさいの一言を捨てたとき、多くの可能性が広がるはずです。


posted by はりねずみ at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | はりねずみのおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

今やっている準備は?

これは共感してもらおうと思って書いていない記事です。

世の中には脊髄反射で文句や愚痴を言う人がいます。

私の持論で、科学的根拠のないことをいいますと、
『愚痴を言った人が行動しなかった分だけ運を落とす』
『愚痴ることが癖になっている人は早く老けるし不健康』

だと思っています。

愚痴くらいは誰だって言うんです。
でも愚痴を吐いたら、聞いてくれた人にお礼を言っていますか?
「聞いてくれてありがとう。かなり楽になったよ。」
とか
「黙って聞いてくれて嬉しかった。」
とか言っていますか?これが言えない人が結構文句が多いタイプの人に多いように思います。

この一言は心の準備の差だと思いますよ。
少なくともこの一言を言う習慣がある人は、簡単に言うと
感謝をする準備ができているということです。

逆に愚痴や文句が多い人は、まるでお笑いで言うツッコミ役がやるように文句をいう準備ができているということではないでしょうか。
別にお笑いやツッコミ役を否定しているわけじゃないのですよ。

だけど、文句をいう準備ができているということは、
感情的にネガティブになる理由を自ら用意しているということですよ。
これって大損していませんか?

普通にやっていればうまくいったはずのことが、
不機嫌にやってしまったばかりに不運な結果になった経験は
誰にだってあるはずです。

怒りで我を忘れてしまって普段ならやらないようなミスをしたり、
不必要に悲観してしまってとりこし苦労をすることはあります。

上機嫌でなくてもいいけど、自ら凹む必要もないでしょう。
意味もなくストレスを自分で作り続けることことは
スローな服毒自殺に似ています。

そこで、そんな悪循環を断ち切るためにひと工夫してみませんか?


何でもいいので、感謝する用意をしてみてはいかがですか?

例えば、
「今日はまかせた書類の不備があって、散々な目に遭ったけど、〇〇さんが助けてくれたから嬉しかったなあ。」
とか

「帰りは雨があがったから助かるな。」

という感じです。


文句をいう用意ができている人はこう言います。

「〇〇さんが助けてくれたから何とかなったけど、あなたの書類の提出が遅れたせいで私はひどい目にあったんだからね。」

(もちろん部下などを教育するなら必要な言い方ですが、その目的を忘れて怒ることに集中しているとしたら問題です。)

とか

どうせ雨があがるなら仕事中に降らなければいいのに。
(この人は自然とケンカしたいのかな?)

この違いは分かりますか?
後者の方が文句が先行しているぶん、圧倒的に『可愛げ』がないのです。

もし、1回のありがとうを聞くのに5回文句を言われたら、
ありがとうという言葉は届いた気がしませんよね?

少し脱線しますけど、
誰かに押しつけじゃなくて好意でおごってもらった時に、
否定語を入れる人は「恩知らず」と思われても仕方がないですね。
これも可愛げのない人だと思います。
否定語を入れるなら、その何倍も感謝の言葉を入れたいものです。


周りの人も文句の多い人に手を貸したくないのです。
だったら、どんどん孤立するのは当たり前のことじゃないですか。

結局は自分の運を落とすことにつながるのだと思うのです。

いつもポジティブである必要はないです。
その方が望ましいけれど、誰にだって波はあるんです。
でも感謝する用意をすれば、ネガティブになることは減ります。

かんしゃくの「く」だけとって、ただ感謝


奥が深い一言だと思います。

良い見本を見つけました!
posted by はりねずみ at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | はりねずみのおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

500円で自分と向き合う時間を作ろう

マンネリ化は大敵であることは以前このブログでもお話ししました。

変化がない時に高いモチベーションを維持するには
それなりの工夫が必要だと思うのです。

一般的にスーパーやデパートでは3か月に1回以上棚替えをしないと
売上が落ちるのは明白だと言われています。
消費者にとって、あまり頻繁に変わりすぎるのも困りますが、
ほとんどの消費者、特に主婦などは軽い変化が求めています。

あなたは100均に行った時に、メモ書きを片手に欲しいものだけを買って、一目散にレジに並ぶことはありますか?
そりゃあ時々はあるかもしれません。

だけど、必要としているもの以外も見ているのではないですか?
なぜ?
何か変化がほしいからじゃないですか?

どうして映画を見に行くの?
感情の変化を買いに行っているのではないですか?


日常に飽きている人はかなり多いと思います。
繰り返していることのように見えることでも変化を感じられたら、
それはマンネリではない!

確かにそうですが…
いつも小さなことに感動ばかりしていられますか?
人間は「環境に慣れる」生き物です。

こうやって偉そうに書いている私もマンネリを感じることは多々あります。だから私の場合は変化を求める時間を持つことにしているのです。

何か目標を書きだしたり、新しい企画を考えたり、
自分と向き合う時間を作ったりする時間を週に1〜2回もつことで変化を感じています。
そんなことを考え付くにはそれなりに『情報』という材料が必要です。

そこで私の場合はファミレスや喫茶店に本を数冊持っていきまして、
納得するまで読むことにしています。
そしてそこで思いついたことは必ず手帳に書き取ります。
そこでもひと工夫加えます。

手帳に書く内容は、「感情」を書き取ります。
なぜそう思ったのか?何に影響を受けたのか?
どの本のどのページに載っている内容がヒントになったのか?
それを後から見ると、ヤル気が再燃することもあります。

私がこうしてこのブログにノウハウを書き始めたのも、
その手帳代りに私の行動を見直す意味があります。
これは確かに人に見てもらうことを前提に書いていますが、
同時に自分の成長を確認しています。

余談ですが、スポーツジムにいってトレーニングしたり、
時間をつくってセミナーを受けに行ったり、
場所を変えて自己投資をした時にはちょっとした儀式をしています。

それは
「よく頑張った!いいぞその調子だ!」と自分で自分を褒めるのです。
本当に頑張れたら自分にご褒美をあげてます。
そんなささいなことで、自己投資が習慣になればいいじゃないですか!

習慣とは意識の深さ×反復回数
この一言にはかなり啓発されました。この本を一度読んでみてください。







posted by はりねずみ at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | はりねずみのおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

捨てることで前に進む

これはかなり偏った話になるので、共感してもらおうとは思いません。
だけど、たまたま見た本にも全く同じようなことが書いてあったので、
あまり的を外れてはいないのかも知れません。

その本を紹介します。





この方は日本でも屈指のマーケッターです。


ここからの話はこの方の書いてある内容とはかけ離れることもあるので、あしからずご覧下さい。

もの凄く大雑把にいうと、
何かを捨てると別の何かが得られるということです。
神田さんの場合は、顧客は真空状態を嫌うといういうことを書いています。
嫌いな顧客を捨てると新しい良い顧客は入ってきますよということです。かなり覚悟は要りますが。


具体例を挙げましょう、もの凄く迷惑な友人がいました。
いつもその友人は、あなたの都合を全く考えずに行動する人です。

あなた以外の別の誰かと待ち合わせをしている時も、
暇だからと言って真夜中でも平気で電話をかけてくる。
口を開けばいつも愚痴ばかりで、そのまま長電話につき合わされる。
貸したものは全く返す気配がない。
あなたの話は一切聞こうとしない。

そんな人とどうしても付き合いたいなら話は別ですが、
大抵の場合はあまり付き合いたくない友人だと思います。
それでも付き合い続ける人の多くは自分の意思に反して付き合っていると思います。
(かなり私の偏見も入っていますが)

あなたがそんな人にNOと言えない人だとすれば、
だんだん辛くなってきますよね。

ここでは、この人と付き合いを辞めるとどうなるか?
という事に絞って話をさせていただきます。

この方との付き合いを辞めたとき、
その時は良心が咎めるかも知れませんが、
大抵その直後にはいい出会いがあります。

人は捨てるものが大きければ大きいほど、大きな変化を得られます。
だからといって何でも捨てるのがいいという訳ではありません。
どんなに嫌でも簡単に捨てられないものや関係もあるでしょう。

でもこの場合のように自由度が高い選択なら、
感情が望まないものを捨てる方がいいでしょう。

感情的に嫌だと思うものであっても、
具体的にイメージされたものは自分の身の回りに引き寄せられます。
望むものも同じです。
強く意識されたものなら、実現されやすいということです。

これは言い古されたことですが、多くの偉人達も同じこと言っているので間違いはないでしょう。

感情的に望まないものをどうしてもイメージするなら、
そっと望むもの意識を向けてみましょう。

この場合なら、人間的に素晴らしい人と知り合いたいと思うことなのかもしれません。
その裏で、友達が減るのが怖いと感じているかもしれません。
もし、そうだとすれば、そ望む部分だけに意識を集中してみましょう。

どうやって?
まずは望むことを書いてみましょう。
あなたが望むことがあなた自身で分からないなら、
まずは「私の望むことが知りたい」と願いましょう。

ある日突然、潜在意識が答えをくれることがありますよ。
もしかしたら、迷惑な友人に嫌だということを教えてくれるかもしれません。

そうして得られた結果ならあまり後悔はしないと思います。
まわりくどくなりましたが、

嫌だから何かを捨てるとか縁を切るという安直な答えではなく、
望むものに向かってアンテナを立てて考えた結果、何かを捨てるとか縁を切るなら後悔も少ないと思います。


この考え方をくれた本をここに紹介します。












posted by はりねずみ at 23:41| Comment(2) | TrackBack(0) | はりねずみのおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

許して前に進もう

人は時として思い出し笑いをすることがあります。

しかし、それ以上に思い出しむかつきをしています。
そして、なかなかその事に気が付いていません。
何の利益にもならないことが分かっていても、怒りのどツボに
はまると忘れることも、許すこともできなくなります。

成功者といわれている人達は、感情のコントロールが上手です。
それは今のことに集中することができるからです。

われわれの大半は過去のことを引きずって生きています。
過去のことを反省するなら、まだ価値があるでしょう。
しかし、過去のことを後悔するのは意味がないこと。

わかっているんです。実は私はこんな正論が嫌いです。
じゃあ、どうやってそれから抜け出すかを提案したいのです。
今回は鏡の法則をおすすめします。

この本、読んだら泣けました。
しかも、このサイトをみることで本を買わなくても読めます。
この中ではおもに自分の父親との心からの和解を通して、
今直面している問題を解決していきます。

そして、自分ひとりでも過去に出会った「許せない人」を
許すためのステップが載っています。

私も何度かやっていく中で、人を許したら余計なエネルギーを
使わずに済むことを知りました。
その上でモチベーションを高めることをすれば、
たとえ精神的に凹んだ状態でも、自分の心を誤魔化すことなく
エネルギッシュな状態になりやすいです。

疲れきっている人は、まず回復を心がけましょう。
赤が嫌いという人はいませんか?
それはある意味危険な信号化もしれませんよ。
詳しくは色が教える性格をご覧下さい。

それから自分をコントロールすることをすればいいのです。
焦らずに、面倒くさがらずに、まずは普通の状態に戻りましょう。

この本に載っている人を許す8つのステップは
やってみる価値があります。
自分の中だけでもかなり解決できますから。
posted by はりねずみ at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | はりねずみのおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

10年前の自分に手紙を書こう

あなた自分に手紙を書いたことはありますか?

女性の方は経験があるかもしれません。
中にはわざわざ封筒に入れて誕生日の日に開けて読んだり、
自宅宛てにわざわざ送ったりする人もいます。
私個人はこういう行動は可愛いなと思います。

さて、ここで私がお勧めするのはテーマを決めて書くことです。
そのテーマとは「大丈夫」です。
こうして10年前の自分と向き合って、励まして下さい。

私の書いたものを恥ずかしながら書いてみます。

24才の私へ10年後の私より
〜大丈夫だ!

この年のあなたは少し人間不信になっていますよね。
自分以外の仕事で残業続きで、しかも残業代をカットされてしまいましたね。

でも大丈夫。それでも同年代の人やこれから後のことを考えても、
今のあなたはかなり稼いでいますよ。

この時の頑張りがあるから後々夢が叶います。

古傷の膝が痛くて眠れない日もあるでしょう。
でも大丈夫。少なくとも10年後はあまり痛くないから。
今の内に痛い思いをして、患者さんの気持ちがわかるようになれよ。

この時のあなたはやたら人に対して厳しくなりますよね。
それが原因で新しい職場の人ともうまくいかないこともあります。

新しい職場では全員40代以上の中で、全然考え方が合わなくて困ってしまいます。
でも大丈夫。そんなあなただから自分の生きる道を感じ始めています。

そして、大きく夢に向かって歩き始めました。
大丈夫!あなたの悩みは薄皮を剥いていくように、少しずつ解消されていきます。

大丈夫、今は自分の夢を力強くイメージしていればいい。
きっとあなたはその通りに進んでいくから。

大丈夫、今している経験は凄く役に立つ!せいぜい悩んでおきなよ。
恋も仕事もこの年の経験は忘れられないものになるから、味わっていこう。

大丈夫、もうあなたの夢は目の前だ。

大丈夫、そのままでいい。10年後には同じ悩みなんて抱えていないよ。まあ違う悩みはたくさんできるけどね。
それでももっと違う形で幸せになれる。

大丈夫、あなたは幸せだ。周りには理解者も協力者もいるし、
来年になったらもっと出てくる。

だから今を楽しめ

10年後の私より24才の私へ


どうだったでしょうか?

これをやる内に不思議な感覚を味わいます。

○当時悩んでいたことは今もあるのか?
○苦しんだけど助けてくれた人はいなかったか?
○自分に力を与えてくれたのは何だったか?
○今の自分の悩みは本当に解決しないものなのか?
○その当時の経験が今の自分にどう役に立っているのか?

それを短い時間で体感できると思います。
自分が自分の味方でいるためには、自分をうまく励ますことも
必要なのではないでしょうか?


これは『共感力』 平野秀典 著から
考え方をいただきました。
一度読んでみてはいかがでしょうか?
posted by はりねずみ at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | はりねずみのおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

はじめまして

軽く自己紹介をさせていただきます。
私、はりねずみは健康に関わる仕事をしています。
年は34歳になります。

以前は本当に不器用で、小学校の時になわとびで
「二重跳び」ができなかったのは私だけでした。
実は今でもできません!
(面倒くさくてチャレンジしてないです。)

しかし、今の仕事で使う技術は一度見ただけで
その技をマスターしたことが何回かあります。
人には向き、不向きがあるんですね。

様々な人や本との出会いの中で、自分の心の持ち方ひとつで
世界が変わることを経験してきました。

世の中にはいろいろな意味で優れたものを持っているのに、
メンタルが病んでいて力が発揮できない人を見ると
本当にもったいないと思います。

私はこのブログを通して、メンタル面からハッピーになる
方法を発信していきたいと思います。

精神的に『どツボ』にはまっているあなた。
少し心が健康なんだけど、心に光が差し込む事
を望んでいるあなた。
そんなあたなに読んでいただきたいです。

もともと、うつなどで病院に受診されている方は
おそらくあまり役に立つことはできないと思いますので、
あらかじめご了承くださいね。
ラベル:メンタル
posted by はりねずみ at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | はりねずみのおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。