2008年05月02日

甘えるの苦手な方へ

うまく甘えることができないという人は、意外に多いものです。

甘えるにはそれなりのルールというか心得があったりします。

甘えるのが下手な人は言い換えると、甘えたことで相手を不快にさせた経験が多いということではないでしょうか?

こういう人を分析してみると、甘えた後のフォローがうまくいっていない人が多いようです。

甘えた後に、にっこり笑って『ありがと〜♪』なんてリアクションされたら、大抵怒る気にもなれません。

これだけ喜んでくれたから、まあいいかと納得してしまいます。
照れてないで!これを克服するとかなりしあわせですよ。

でもこれは甘えたことで相手が応えてくれた時に限られてしまいます。

とはいえ、このフォローをする用意ができていない人が多いようです。

最悪なのは甘えたときに期待どおりのことをしてくれなかった相手に対して、怒ったり、不機嫌になったりすることではないでしょうか?

つまり、要求が通らない→怒る、不機嫌になる

という図式が最初からできていている人がいます。
こんな人は正直言って可愛げがない!

と個人的には思います。相手が甘えてほしくないときに甘えてしまったという時には謝る余裕がほしいです。

時として、甘えさせる余裕のない人に甘えて失敗する人がいます。
そういう人に甘えてうまくいかないのはある意味当然です。

こういう相手には、最初にもの凄く小さな甘え方をして、それから本命の甘えを出すという手もあります。
相手が男の場合だったらさらに追い討ちをかけておくと以後効果的でしょう。

「ここまでやってくれる人はなかなかいないよ!」「○○さんがあなたのことほめていたよ」「頼りになるな〜!ありがとう」などと言っておけば、今後はさらに甘えやすくなるでしょう。

そして逆に自分が甘えられた時に、きっちり応えておきましょう。ここで不機嫌さを前に出すと、逆に甘えさせてくれなくなります。

甘えるのが苦手な方はこの辺りを気をつけてみたらいかがでしょうか?

余談ですが、自分に余裕がない人はどうしても要求レベルが低い人を
パートナーに選んでしまう傾向があります。
甘えられないのは、ある意味あなたの要求レベルが低いのです。
それが良いとか悪いとかではありませんよ。

でも、そんなあなたはつい余裕がない人と付き合う傾向があります。
これを知っておくだけでも甘え方を工夫する気になるでしょう。
posted by はりねずみ at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | モチベーションアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95422566

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。