2008年05月01日

強運を呼び込むチャンスをつかめ

今から書くことは、深い根拠はないことですが、
確かにそうなっているというものを書きます。
従って最初から共感してもらおうとは全く思っていません。

考えを押し付けるわけではないので、嫌になったら読むのをやめて下さいね。

結論から言いますと

当然腹を立てるようなことが怒ったとき、何事もなかったかのように
笑って流すと直後に強運が舞い込んでくる!

あらかじめ言っておきます。

心が壊れかかっている人は絶対に真似をしないで下さい。
これだけはお願いします。そんな人がこれをやってしまうと、
自分自身を責めてしまって、ひどく落ち込みことがあります。

これは、数回やってみて記録をとってみたら分かります。

文句をいう用意がある人には幸運が舞い降りません。
感謝をする用意がある人には幸運が舞い降ります。

何かあったらケチをつけてやろうと構えている人は
◆はっきり言ってグチが多い
◆人のせいにすることを習慣にしている
◆世の中から受けている恩恵を忘れている
◆人に対して「貸し」が多いと信じている

という特徴があるようです。
どうしてこうなるかというと、自分自身にかかる「負担」に対して
過敏になっているからです。

生きていれば、誰にでも多少の役割が付きまといます。
役割があれば、それに「負担」があります。

自治体の中で清掃活動をする時などは、できればやりたくないと
考えたりしますよね。これはある意味しかたありません。
家庭単位でも、ごみ出しや掃除をしたり電球を替えたり
何らかのことをやりますよね?

それに対して、ある程度当然の負担だと考えられないと、
それらの負担に対して不満ばかりをもつようになります。

さて、話は大幅に逸れたようですが、

簡単に言うと、何かが起こる前から不満を言う用意することを辞めるということです。

さらに、アクシデントが起こった時でも、起こったことでなく、
今からできることに早く集中すると、感情が左右されにくくなります。
何事もなかったかのように振舞うと、今からやることに集中しやすくなるのです。

何も一切不満を言わない仏のような人になろうとは言ってません。
ほんの一瞬だけでもいいので、なんかツイてない時にでもやるのです。
それも毎回やる必要もありません。

嫌なことが起きた時、何回かに一回でも十分でしょう。
その直後には必ずご褒美があります。
あっ、ひとつ断わっておきますけど、「やってみたけど、良いことなんて何も無かったぞ!」というイメージをしている人には、
まず幸運はやってきませんよ。

感情をもってイメージされたものは、その通りのことが起こります。
特に嫌なことを嫌悪感をもってイメージしたら、その通り嫌なことが起こります。

そんなネガティブな習慣がある人は全然ダメかというと、
まったくそんなことはありません。
なぜかというと、感謝する用意をしていると突然好循環になるからです。

お前の言っていることは訳が分からないよ!と思われるなら、
一度「引き寄せの法則」を読んでみることをお勧めします。
posted by はりねずみ at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。