2014年01月13日

偉そうだと思われたくないから行動できない

めちゃめちゃ久しぶりの更新になります。

さて、いつから更新していないのでしょうか?
僕自身、全く覚えていません。

このブログを更新しようと思った理由は単純です。

最近たまたま僕の友人が、新しいプロジェクトを
任されるようになったのですが、どうやらそのことで
悩んでいるようなので、相談に乗っている内に、
この内容はシェアした方がいいなと思ったからです。

という訳で、本当に久々に更新することにしました。

今回紹介するのは、残念ながら特効薬的なことでもないし、
何かワークを紹介する訳ではありません。

だけど、これらの事を知らないばかりに、
明らかに行動できない人は多いと思いました。

もしかしたら、100人の人がこの記事を読んでも、
10人くらいの人にしか役に立たないってこともあり得ます。

だけど、それを恐れずに記事にすることにします。

さて、もったいぶるのも嫌なので早速内容に入ります。

これは友人の例でもあるのですが、
「自分が偉そうだと思われるのが嫌で行動できない。」
という方が結構いらっしゃるようです。

これは本当にもったいないことです。

私の友人も、その実力や人柄を見込まれて新しいプロジェクトの
リーダーを任されていたはずです。

上司からの信頼も厚く、実績も充分。
だけど、謙遜からなのか自分は人前にというか、
前線に出るべきではないと考えているようです。

話を聞くと、本当に彼のアイデアは本当に秀逸で、
これは彼にしか語れないと私には感じました。

ただ、たまたまそのプロジェクトのメンバーが、
自分よりも年上、どうかしたらかなり年配の方で構成されていて、
その方々を束ねるのに抵抗があったようです。

でも、その一方で自分の出した企画やアイデアに
十分な自信を持っていて、プロジェクトが実行されれば、
多くの方の役に立てることもわかっているようです。

何か心のブレーキをかけているとしか思えません。

私が旧知の彼に、最初に切り出したのは、
「プロジェクトのスタッフのためじゃなくて、
 顧客のために、偉いふりをしてみなよ。」
ということでした。

今や情報は玉石混合で、良い情報も悪い情報も、
一見わかりにくくなっています。

だからこそ、もし自分の持っている商品、スキル、サービスに
自信があるなら、顧客のために目立ってあげた方が、
多くの方の役に立てるはずです。

だから、スタッフに対しては偉そうに振る舞うのではなく、
顧客からみて、価値があるものだと知って頂く努力が
必要じゃないか?と彼に話してみました。

なぜこのプロジェクトが必要なのか、そこにどんな情熱があるのか、
それをまずはその価値を伝えることから始める。

それはスタッフに対しても、顧客に対してもです。

本当に顧客のためになるものを提供しようと思うのであれば、
言い方は悪いのですが、役割を演じて、
顧客のために偉くなってみせることも必要じゃないでしょうか?

もちろん、威張る必要はありません。
ただ、自分の持っているものの価値や情熱を伝えるだけ。

自分がどんな風に見られているか?

そうやって客観視することは大事だけど、
その前にどうやって顧客の役に立つかということに
フォーカスしてしまえば、案外緊張がほぐれて動けます。

子供さんがいらっしゃる方であれば、わかると思いますが、
子供が生まれた時から、「恥」の基準が変わります。

本当に子供を守るためを思えば、親として多少恥をかくことは、
厭わなくなると思います。
もちろん、迷惑をかけないように気をつけるとは思いますが。

要は顧客に意識を向けたとき、「自分がどう見られているか」
という考え方が薄くなって、偉そうにみられることも、
多少怖くなくなります。

あとは最低限の礼節や節度だけ守ればいいじゃないですか。

偉そうだと思われるのは私も嫌なものです。
だけど、私が知っていることを伝えたら、
もしかしたら、何人かの人が楽になれるかもしれません。

そんな想いでこのブログを始めました。

話を元に戻しますと、彼もようやく吹っ切れたようで、
プロジェクトのメンバーの方々に、
「どうやったら顧客の役に立てるか?」を
面倒くさがられるほど自ら相談するようになりました。

結果、信頼を得るようになったそうです。

この場合、私の意見を聞き入れたかどうかが重要ではなく、
顧客に貢献したいという気持ちで、彼が行動したことの方が、
本当に価値があると思います。

あなたの意識はどこに向いていますか?
もし、何かで緊張するようなことがあったら、
ちょっと思い出してみてください。


またぼちぼち更新していければと思います。
あなたの役に立ちそうなところを持っていって、
実行してみてくださいね。




posted by はりねずみ at 01:59| Comment(0) | モチベーションアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。