2010年11月04日

物事の意味とは

相当久しぶりの投稿になってしまいました。
僕自身の持ちネタがなくなっていて、
また、自分の状態を向上させる方法などを探す日々を過ごしておりました。

さて、今回は今までの内容とは少し違ったような内容にも
触れていくことにします。

人は何かが起こると、そこに無意識に意味を考えるようとします。
それ自体は、本能であって決して悪いことではありません。

しかし、ちょっと度が過ぎてしまうと「囚われ」となってしまい、
時としてはかなり良くない解釈をしてしまったり、
周りで起こる物事に対して過敏に反応し過ぎてしまって、
行動や思考がスムーズでなくなることがあります。

「物事に本来意味なんてない。その意味を決めるのはいつも自分だ。」

これは私の師匠から頂いた言葉なのですが、当たり前のようで、
つい忘れてしまうものを表してます。

周りで起こる物事に対して、我々の思考が反応するのは
生存本能と言っても過言ではないでしょう。

たとえば太古の時代に、近くの草むらで物音がしたなら、
人間から見ると、そこには何かあると思って身構えていたはずです。
それが、獲物かもしれないし、仲間かもしれない、
それどころか、自分を襲う外敵かもしれないのです。

この意識を一瞬でもてなかったら、生物としては長生きできません。
特に現代社会に比べて、この頃の人間には危険を察知する力が
大きく発達していたと考えられます。

しかし、知能が発達して、日本のように安全がある程度確保されると、
この生きるか死ぬかのような危機感はあまり働かなくなりました。

代わりにそんな危機意外のことでも思考をめぐらすように
なってきたのだと思います。

そんな人間の宿命として物事に反応させられると言えそうですが、
一方では、気分や視点がいつもと違うばかりに、物事の悪い側面が
見えてきたりするのも確かです。

そう考えると、我々が考えていた「物事の意味」は、
コロコロ変わるものであり、もっと言うと個人の価値や判断基準で
その姿が変わってしまいます。


ここまで凄く当たり前のことを回りくどく言いましたが、
この事を自覚しているかどうかは、大きな差になります。

人は一度気分が落ち込んでしまうと、良くないように意味を解釈するのですが、
これを一気に良い方向に替えようとすると良くない場合があります。
それは自分が思っている以上に心の傷(ダメージ)が深い時だと考えられます。

回復しようと思った時には、段階があるのですが、
それを自分でうまく描けないことの方が多いのです。
なぜなら、良くない解釈で物事を見る機会が増えるからです。

そこで、うまく立ち直るには前回、前々回の記事でも触れたように、
脳を味方につけることが有効です。

具体的には、まず自分が本当に望む姿を紙に書くなどして
イメージを組み立てます。
その後で、脳に対して次の様な質問をしていくと良いでしょう。

「どうしたら自分の望むイメージに近づけるか?」
「今のこの状態の中で何が素晴しいのか?」

この二つを脳に聞き続けるといいでしょう。
そうすると、内側に向いていた意識が外に向き始めます。

この方法の有効なところは、ゆっくりと自分で答えをみつけていくことが
できることにあります。
いつかこのブログでも記事にしましたが、人間は強く現状維持を
望む生き物なのです。

深いダメージの時ほど、脳を緩やかに変えていく必要があるのです。
急激に変わろうとすることで、強く現状に引き戻されるのです。

自分の脳に質問している時は、即答を望まなくてもいいのです。
ただし、ずっと先ほどの二つの質問を続けることが大事です。
そうすることで、ある日突然脳は答えをもたらしてくれます。

シンプルにやることは2つです。
自分が望むことを強くイメージすること。
(ただし、忘れるとか否定的なイメージではありません。)

そして「そうなるためにはどうすればいいのか?」を
自分の脳に聞き続けること。

そうして、ゆっくり思考が変わって来た時に、もう一度物事の
意味を考えて見ればいいのです。

それまでは意味を考えるのは休んでおいた方が良さそうです。
posted by はりねずみ at 21:38| Comment(1) | はりねずみの戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
縁があり このサイトを見ました。なんだか 穏やかに なれた気がします。焦らず 流れに任せ きっと 描いた未来を掴むよう 進みます。勝手ながら ありがとうございました(^.^)
Posted by ひとみ at 2013年07月04日 05:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。