2009年10月17日

眠れないほど腹が立ったら

眠れない夜。誰にでも一度は経験があると思います。
特に何かに対する怒りで眠れない場合は、どうしますか?
私自身、怒りで眠れない時の対処が苦手でした。

正論だけ言いますと、夜に考え事をしない方がいいです。
どうしてもろくなことを考えません。
ましてや、布団の中に入る時は電気を消して、
いつもより暗くしているなら、暗いことを考えてしまいます。

でも、実際に眠れないんだから考え事をしてしまいます。
特に怒りで頭に血が上っている時は、嫌なことを思い出します。
あいつがこんな事を言ったとか、こんなひどい目にあったとか、
思い出しむかつきをやっているのでなかなか収まりません!


治療家としての立場から言うと、お腹をゆたんぽのようなもので
温めてあげると良いと思います。
頭から血が下がって、怒りより眠さが勝ることがあります。

だけど、それでもうまくいかない場合は、
前回、前々回の記事が役に立ちます。
こちらを参考にされてください。

消したい過去とどう向き合う?

名前を書いたら


イメージの中で出来事を自分の望むように書き直したり、
怒りの対象になる人の名前を書いて踏みつけたりします。

面倒だけど、やっておいた方がよく眠れますよ。
ぶり返すなら、何度でもやってみましょう。
どうせ眠れないのなら、解消する方に向かう方が得策です。
posted by はりねずみ at 19:08| Comment(2) | はりねずみの戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!

悩んでいる誰かのために、そっと寄り添うようなブログですね。

はりねずみさんの 優しさが伝わってきます。

また訪問させていただきますね(o^―^o)
Posted by Lady M at 2009年10月22日 14:15
こんにちは! Lady Mさん。
最初は私が落ち込んだ時のネタ帳だったのですが、
なかなか好評だったので、気が付くといくつかの記事になりました。
落ち込んだ時、落ち込みそうな時、
また立ち寄ってみてください♪
Posted by はりねずみ at 2009年10月22日 17:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。