2009年02月13日

燃え尽き症候群

我が師から学んだことです。

訳あってここでは一部だけを記事にさせていただきます。


燃え尽き症候群という言葉があります。

モチベーションを上げる方法を過去にもどんどん記事にしてきました。

しかし、モチベーションというのは上がれば必ず落ちます。


だからいつも上げていたらいいのではありません。

例えばモチベーションの高い接客を受けたことがある顧客に対して

自分のモチベーションが下がった状態で接客すると、

顧客は満足できないこともあります。


何かに猛烈に打ち込んで、それが何らかの形で完了した時は

エネルギー量が減ってしまい、やる気を燃やす燃料がなくなり、

休息モードに入ってしまうことがあります。


まずは

モチベーションがいつも高い状態に保つのは難しい。

この事実を知ってください。

エネルギー量がもとから多い人はこれに近いことができますが、

そんな人でさえ波があることを理解して下さい。



だから、この波と付き合う必要があります。

モチベーションを上げるなら、上げるつもり行動します。

もちろん下がる時がきます。

それをいつにするのかをコントロールしてみるという訳です。


エネルギーがあるのにモチベーションが上がらないなら、

当ブログの過去の記事を参照してください。

方法は色々と書いてきました。


とにかく、燃え尽きることがあるとすれば燃え尽きるつもりで、

計画的にモチベーションを上げることが大切です。

その後にモチベーションが下がるのは計算済み。

ただ、その期間を比較的に短くなるように休息をとったり、

次にモチベーションを上げるための目標を考えたりして、

今度は何に燃えたらいいのかをじっくり考えてみるといいと思います。


ちょっと話はそれますが、学生時代に試験直前に体調が悪くなったり

したことはないでしょうか?

そんな時でも、何とか試験が終わるまで頑張るぞ!

と持ちこたえたことはないですか?


我々はこうして意識的に燃え尽きる日付を先延ばしにしていたりします

燃え尽きる日付を少しだけ先延ばしにできるということを

思い出してみると案外それができたりします。


また、心配事があるならとにかく紙に書きましょう。

誰に見せる必要もないので洗いざらい紙に書きましょう。

そうすることによって、心配の種を解決する知恵が浮かんだりします。

仮に解決方法が見つからなくても、心が軽くなることは請け合い。

心が軽くなれば、モチベーションを上げることは難しくなくなります。


少し参考になったでしょうか?
posted by はりねずみ at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | モチベーションアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114182945

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。