2008年11月05日

思いがけない喜び

思いがけないことをするのは、人を喜ばせるとっておきの手段。

そして、自分も喜ぶことができることでもある。

「楽しい悪巧み」は考えているだけで愉快になり元気が出てきます。

何日も前から喜ばせるために、「こうやればうまくいくかも!」

などと考えていると、時々隠しようのない喜びがあふれ出てきて、

自然に顔がニヤニヤしてくるから困ります。


もともと無愛想な夫が誕生日に綺麗な花束を買って帰って、

「今まで苦労かけたね。いつもありがとう!」なんて言ったら?

10代の頃から言うことを聞かないような息子が二十歳の誕生日に

「オヤジ、一杯やりにいこうか」なんて言ったら?


とにもかくにも、こんなことをやったら相手がどんな反応をするのか

思い描いてみると、わくわくして夜も眠れなかったりします。

そんな悪巧みを考えることができるのも、あなたにとって

「特別な人」だからじゃないですか?

誰だってどうでもいい人にそこまでエネルギーは使えないものです。



家族、恋人、夫婦、友人などはかけがえのない人たちです。

だけど、人はいつか飽きたり、マンネリ化してしまって、

特別な人のはずが、だんだんその辺にいるどうでもいい人に

思えるようになってきたりします。



もちろん、こんな思いは不義理ということになります。

しかし、人はしあわせになるとつい不義理をしてしまうものです。

それは良くないことだし、マンネリ化させるのはもったいないことです。


でも、そんな人達にこそ「悪巧み」をしましょう!


時には柄にもないことをしましょう。柄にもないからこそ効き目は

抜群なのです。驚いた顔や第一声を考えたら自分が楽しめます。

人を喜ばせるのに何かを企むと、わくわくして自らも活性化します。


もちろん、これからもよろしくというひと事を付け加えておきましょう。


特に自営業をしている人は、家族がないがしろになることが

多々あることだと思います。


顧客はいつかいなくなります。


家族はずっと一緒にいます。


あなたはどちらを大切にしますか?



posted by はりねずみ at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | はりねずみのおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109138129

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。