2008年08月04日

スピーチを棒読みしない方法

今回は少しだけ具体的なシーンに特化してみようと思います。

例えば友人の結婚式のスピーチを頼まれたとします。
人前にいくとあがってしまって、暗記したスピーチの内容を
忘れることも決して珍しくないです。

そんな方のために、イメージ記憶法をお伝えします。

まず、話そうとする内容をいくつかに分けて、『映像』として
記憶していきます。
それをスライドショーのように思い出しながら、スピーチをする
というわけです。


要は紙芝居のように話をするのですが、
例えば新郎が、「どんな場面で」「どのような事をした」という
内容を映像として記憶して、その映像を思い出しながら
話をしていきます。


では、映像をどのように覚えたらよいのでしょうか?
ここではお勧めの記憶法を伝授いたしましょう!


これは5〜10個程度の複数の事象を覚えるときに有効です。
顔のパーツや体のパーツと覚えたい内容を関連させて覚えるのです。

例えば
1番目 額、2番目 右のまゆ毛、3番目 左のまゆ毛、4番目 みけん
5番目 右目 6番目 左目 

などというように思い出す順番をインプットしてから記憶するのです。


最初に「新郎との馴れ初め」を話したいとしましょう。

ここでは新郎と出会った場所や新郎がその時何をしていたのかを
映像化して、額に意識をしたらそれを思い出す。
という方法です。

その映像を思い出しながら話そうとしたら、
自分がどんな風に見られているか?などは考える余裕がない上に、
文章を棒読みしているわけではないので、
臨場感をもたせながらありありと話ができることになります。


一見面倒に見えることですが、順序立てて話をする時には
非常に役に立つテクニックです。

会議などのプレゼンテーションなどでも応用が利くので、
一度試してみてはいかがでしょうか?
posted by はりねずみ at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104166689

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。