2008年07月08日

何回かに分けてイメージする

以前の記事で悪いイメージや不快な感情を壊す方法をアップしました。

私が立ち直りの達人だと自負していられるのはこの方法を知ったからです。


だけど、使い方を少し応用すればもっと日常生活の役に立ちます!


予め申しておきますが、この方法にはある方の著作権があります。

この方法を使って講習費用などを貰う行為は著作権法にかかりますので

あらかじめご理解ください。



その方がある講習にて話した内容です。(その方が主で行われる講習ではなかったですが)



皆さんは大勢の方の前で話すことはできますか?

中には仕事などを通じて慣れていらっしゃる方もおられると思いますが、普通なら相当な緊張感がありますよね。


それをイメージトレーニングをすることで、プレッシャーを感じにくくすることができます。


まず、あなたが今から講演会場に向かうことをイメージして下さい。
もちろんあなたの講演が予定されています。

どうですか?この時点で少し緊張しませんか?
まだイメージだからいい方ですが、実際にそうだったら、
もうドキドキものですよね。


そこで最初のイメージです。
割れものを壁にぶつけて叩き割るイメージをします。
乾いた炸裂音、破片が飛び散る様子、そして散った破片をじっくり観察してください。これを2〜3回やるのです。


もう一度先ほどの講演会に向かうイメージをしてみて下さい。
多分先ほどよりは緊張していないと思います。


そこでまた違うイメージをします。
今度はもう少し講演会場に近づいたイメージをします。
また、緊張感が出てくると思います。

そこで2回目のイメージです。
割れものを壁にぶつけて叩き割るイメージをします。
乾いた炸裂音、破片が飛び散る様子、そして散った破片をじっくり観察してください。これを2〜3回やるのです。

そう、やることはさっきと全く同じ!
アレンジを加えて別の破壊イメージを持ってもいいですよ。


すると、また緊張感が薄らいできたと思います。
もしまだ緊張感が残っていたら、何度か破壊のイメージを持って下さい。


そして講演会のイメージをもう一段階リアルにします。
講演会場に着いたところをイメージしたら、また緊張するかもしれません。
そしたらまたイメージワークをします。


こうしてネガティブなイメージをどんどん薄くしていくのがコツです。


一回でポジティブにならなくてもいいのです。
もし、そんなことができたとしても、実際に失敗したら、
物凄く凹んでしまいます。


だから段階を追って、まずはネガティブから脱出しましょう。
ブレーキを少しずつ壊していけば、ポジティブになりやすくなります。
まずは凹んだ状態を平らな状態にしてポジティブを積み上げれば、
いいと思いますよ。


良いんです最初はうまくいかなくても、やり続けたらこの威力はもっと凄いものになります。
実際、この方法に上手い下手はないのですから。
posted by はりねずみ at 21:03| Comment(2) | TrackBack(0) | セルフコントロール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ♪
私よく本番前緊張してしまうので、
やってみたいと思います★
ありがとうございます!
Posted by 浅羽由紀 at 2008年07月14日 18:56
コメントありがとうございます。
由紀さんみたいなバリバリの本職の方でも
緊張されるんですね。
書き忘れましたが、意識を自分以外のものに
向けたら緊張しなくなるそうですよ。
Posted by はりねずみ at 2008年07月15日 17:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102453951

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。